1950年代:町田市北部や相模原市中部の開発、及び計画が頓挫した「相武鉄道」を実現させるため、恵比寿~鶴川~淵野辺~上溝の「芝溝鉄道」が構想される。

「芝溝」は東京の「芝」と「上溝」、平行する「芝溝街道」から取られたもので、ゆくゆくは恵比寿から東、芝方面に延伸する構想もあった。

 

1959年:鶴川~上溝 認可・着工

 

1965年:鶴川~上溝 開業

 

恵比寿~鶴川は小田急線の混雑緩和を目的に構想されていたが、当時東急電鉄が建設を進めていた「東急田園都市線」とルートが被ってしまうことが判明。しかし東急電鉄との話し合いの上、「将来、想定外に人口増加が進んでしまった時のために両線とも建設する」ということで合意した。

 

1963年:恵比寿~鶴川 認可・着工

 

1969年:津田山~鶴川 開業

 

1974年:恵比寿~津田山 開業

芝溝鉄道線が全通。この当時、すでに踏切を新設することが禁じられていたため、恵比寿~瀬田は地下線で建設された。

このころ、芝溝鉄道を上溝からさらに西、富士山方面へ延伸する構想も浮上。

 

1975年:上溝~相模田名 認可・着工

将来の輸送力増強のための車両基地新設、及び富士山方面延伸の準備施設として建設された。

 

1980年:芝溝鉄道を田町まで延伸し、1978年に渋谷まで開業した東葉鉄道線の、豊洲から分岐する支線と直通運転を行うことが決定。

 

1981年:上溝~相模田名 開業

同時に、芝溝鉄道線の電車を、これまでの4両編成から順次8両編成化。

芝溝鉄道 恵比寿~犬蔵の複々線化が決定。

 

1982年:以前相鉄が構想していた、杉田海岸~二俣川~町田の路線を、横浜市が「横浜縦貫高速鉄道」として建設することを発表。

 

1983年:東京都が、東京多摩地域を縦横無尽に駆け抜ける都市高速鉄道「東京多摩高速鉄道」の建設を決定。

横浜縦貫高速鉄道と東京多摩高速鉄道町田線の相互直通運転を行うことが決定。

 

1985年:東京多摩高速鉄道町田線 南若葉台~南町田~町田~相原~高尾 認可・着工

横浜縦貫高速鉄道 新杉田~二俣川~南若葉台~横浜若葉台 認可・着工

芝溝鉄道 恵比寿~田町 開業 東葉鉄道線との直通運転開始。

 

1987年:芝溝鉄道の富士山延伸を、第三セクターの「東梨高速鉄道」として建設することが決定。

 

1989年:東梨高速鉄道 認可・着工

 

1992年:東京多摩高速鉄道町田線南若葉台~町田 開業

横浜縦貫高速鉄道二俣川~南若葉台~横浜若葉台 開業

同時に直通運転開始。