1948年頃:町田市北部や相模原市中部の開発、及び計画が頓挫した「相武鉄道」を実現させるため、恵比寿~鶴川~相模原の「相模多摩鉄道」が構想される。

恵比寿~鶴川は小田急線の混雑緩和を目的に構想されていたが、当時東急電鉄が建設を進めていた「東急田園都市線」とルートが被ってしまうことが判明。しかし東急電鉄との話し合いの上、「将来、想定外に人口増加が進んでしまった時のために両線とも建設する」ということで合意した。


1953年:鶴川~相模原  認可・着工


1956年:起点を原宿に変更の上

原宿~鶴川 認可・着工

 

1957年:鶴川~矢部  仮開業開業。同年中に相模原まで延伸開業。

 

1964年:津田山~鶴川 開業

 

1968年:原宿~津田山 開業

相模多摩鉄道線が全通。踏切による交通渋滞を防止するため原宿〜砧公園は地下線で建設された。また、輸送力増強に備え、原宿〜津田山は複々線化が容易にできるように建設された。

このころ、相模多摩鉄道を津久井方面に延伸する案が浮上したが、京王相模原線の相模中野延伸とルートが被ってしまうため、富士山方面への延伸案も浮上した。

 

1970年:相模原〜相模大島  認可・着工

将来の輸送力増強のための車両基地新設、及び津久井・富士山方面延伸の準備施設として建設された。

 

1973年:とうきょう南線の建設と、東葉鉄道との相互直通運転開始が決定。

 

1975年:相模原〜相模大島  開業

同時に、相模多摩線の電車を、これまでの4両編成から順次8両編成化。

相模多摩線   世田谷~宮前神木の複々線化が決定。

 

1976年:相模多摩鉄道が、相模多摩線を延伸し、道志村付近を経由し富士山方面に向かう新線、犬蔵〜町田〜平塚の新線、横浜桜木町〜鶴ヶ峰〜町田〜八王子の地下新線の構想を発表。

宮前神木〜犬蔵の複々線化が決定

 

1978年:犬蔵〜平塚新線のルートが決定

犬蔵〜町田  認可・着工

津田山〜犬蔵  複々線化工事  着工

犬蔵駅改良工事  着工

 

1979年:町田〜平塚  認可・着工

相模大島〜富士吉田新線  ルート決定

 

1980年:相模大島〜富士吉田新線  認可・着工

犬蔵〜平塚新線の路線名が「湘南町田線」に決定


1981年:相模大島〜富士吉田  認可・着工

相模多摩線  世田谷〜津田山の複々線化が都市計画決定  着工

 

1982年:八王子〜秋川〜岩蔵温泉地下新線の建設構想を発表


1983年:津田山〜宮前神木  複々線化完成