多富急線物語


1.〜多富急のはじまり〜軍都相模原と相武電気鉄道

相武電気鉄道が倒産して数年後、戦時中の相模原。国家事業としてここに軍都をつくることになりました。
この時課題になったのは、相模原へのアクセス手段。当時の相模原には、横浜鉄道(現在の横浜線)が通じていましたが、東京都心に直接アクセスする路線はありませんでした。そこで、相武電気鉄道を復活させることになったのです。当時は南津電気鉄道の倒産もあったので、ルートを淵野辺・上溝方面から相模原・大島方面に計画変更しました。最終的には津久井方面に向かうことも視野に入れていたようです。
工事は急ピッチで進められ、着工からわずか1年で鶴川〜南橋本が開業しました。南橋本〜相模大島の建設も進められていましたが、戦局の悪化により工事が中断されています。

2.大東急と終戦

鶴川〜南橋本という思いがけない形で実現してしまった相武電気鉄道は、小田急・京王などと共に大東急の一部になり、東京急行電鉄相武線となります。鶴川から小田急線への直通運転も始まりました。そして、空襲の被害をまぬがれ線路も車両もほぼ無傷のまま終戦を迎えます。
終戦後、大東急が分離することになり相武電気鉄道も分離します。この時、相武電気鉄道は「相模多摩鉄道」という新しい社名になりました。この頃から、工事が中断していた南橋本〜相模大島の建設工事が再開し、工事再開から僅か半年ほどで開業します。相模大島駅は、相模川を渡って津久井方面に延伸できる構造で建設されました。

3.住宅都市相模原と高度経済成長

相模原市と町田市は、首都圏整備法による第一次開発地域に指定されました。利用客の増加による輸送力の不足を危惧した相模多摩鉄道は、新線建設を運輸省に申請します。
図師忠生から淵野辺・上溝・水郷田名・愛川を経由し愛甲田代に至る「愛川線」です。
しかし、この頃から小田急線との直通運転が混雑悪化を理由に中止となり、相模多摩鉄道は自社で都心を目指すことになりました。そのルートは、渋谷から溝の口・宮前を経由し鶴川に至るものでした。こちらのルートも、渋谷〜溝の口で東急新玉川線と被ることがわかり、さらに東急が多摩田園都市の開発に着手しようとしている時期だったためルートの再検討を余儀なくされました。
この間愛川線は、計画中だった延伸線の犬蔵から分岐することになり、犬蔵から町田・田名塩田・愛川を経由し愛甲田代に向かうルートに計画変更しています。

相模多摩鉄道の都心進出は、鶴川より犬蔵・津田山・砧・原宿を経由し内藤新宿に至るという形に改められました。この当時は東京オリンピックの開催も決定していたため、国立競技場へのアクセス路線として相模多摩鉄道だけが唯一、私鉄の路線として東京山手線内に乗り入れることを許されたのです。
このようにして、相模多摩鉄道は都心に進出することになりました。まずは津田山〜鶴川で着工しました。愛川線も同時に着工しています。また、将来的に複々線化が容易にできる構造で建設されています。
津田山〜鶴川が開業する頃、地上線で計画されていた内藤新宿〜津田山を地下線に計画変更の上着工。続けて愛川線も犬蔵〜愛甲田代の全線で開業しています。
内藤新宿〜津田山も、オリンピックの開催になんとか間に合い開業。複々線化の準備施設も建設されました。

4.港北ニュータウンと多富急

相模多摩鉄道が都心に進出していた頃、横浜市北部では「港北ニュータウン」の開発が始まろうとしていました。
ニュータウン周辺の東急東横線だけでは都心に通勤する住民をまかなえないと判断した横浜市は、相模多摩鉄道に新線の建設を要請します。
新線のルートは渋谷〜駒沢〜武蔵新城〜仲町台〜鴨居で、港北ニュータウンを南北に縦断しています。将来的には、鴨居から中原街道沿いに進み、瀬谷や綾瀬に向かうことも考えられていたため、路線名は「相京線」となりました。
「ニュータウン新線」だったため一部区間で建設費の補助を受けられることになったことや、周辺住民の反対もなかったため、計画ルートはすぐに認可されました。しかし、当時相模多摩線の都心延伸を行なっていた最中だったため「相京急行電鉄」という第三セクターが設立され、しばらくの間は相模多摩鉄道に代わって路線の運行を行うことになりました。
こうして相京線は着工し、まずはニュータウン内を含む武蔵新城〜鴨居で開業。続いて渋谷〜武蔵新城が開業し、相京線は全通。これにより、港北ニュータウンの人口は爆発的に増加しました。

5.鉄道がない地域のために

6.富士山延伸と輸送力増強

7.津久井進出とこれから